痩せられる健康ホルモンGLPー1

痩せられる健康ホルモンGLPー1とは

アメリカで肥満の治療薬としても使われているホルモンです。

 

食事をしたときに腸から血液中に運ばれる消化管ホルモンの一種で、食後に高くなった血糖値をコントロールするためにインスリンの分泌を増加させる作用があります。

 

分泌が多ければ多いほど痩せる可能性が増えてくるのです。

 

体にどういう効果があるのかと言うと。。。

 

  • 血糖値が上がるのを防ぎます。
  •  

  • 胃から腸へ食べ物が運ばれるスピードが遅くなる効果があります。
  •  

  • 腸での食べ物の糖分の吸収が遅くなります、

    その結果腹持ちがよくなりお腹が空きにくくなる体質になります。

 

無理な食事制限をしなくても結果的に無理なく痩せられて生活習慣を変えて痩せるホルモンを出して健康的に痩せられる方法なのです。

 

 

GLPー1が分泌される場所

 

それは小腸なのです。

 

小腸は栄養素とアミノ酸を吸収する 臓器で6メートル〜7メートルもある体内で最も長い臓器です。

 

その小腸の下部にGLPー1が分泌される細胞が多く集中しています、この場所を刺激する食べ物を習慣的に食べればいいということになります。

 

 

GLPー1が分泌されやすくなる食べ物

 

食物繊維

 

特に食物繊維が多く含まれる食材

アボカド

ひじき

かぼちゃ

寒天

 

カボチャやさつまいもなど火を通さないと食べられないものは食物繊維が豊富であるということが言えます。

 

EPA

 

特に油の乗った青魚に、EPADHAが豊富に含まれています。

 

EPAがGLP-1を出す細胞刺激して痩せるホルモンを出す可能性があります。

 

EPAの量が多い海産物
  • サバ
  • イクラ
  • マグロ
  • イワシ

 

またEPADHAは血液をサラサラにして高血圧予防、動脈硬化、心筋梗塞の予防、中性脂肪や悪玉コレステロールの減少にも役立ちます。

 

GLP-1を応用したダイエットは、普段の献立を少し変えるだけでダイエット効果が現れてきます。
是非、生活習慣に取り入れて健康的にダイエットしてみてはいかがでしょうか。

 

GLPー1をいかした食物繊維ダイエットができるおすすめの商品

クリック 食物繊維で健康的なダイエットをしたい人専用!「えん麦のちから」